記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャートの頭にタンコブの節目が出来てしまう

 成行買いをやると、しばしばチャートの先端にたん瘤(建て玉マーク)が出て、そこが節目となってしまい、伸び足が止まってしまう。

 
 また、しばらく「買いポジション」を続けていると、「売り手」に狙われているかのように急落・・・

 相手(売り方)にこちらの画面や操作が監視されているように感じる。それで時々・・・

 と、ここまで書いたところで仕事が飛び込んできた。

 暇な仕事だが、依頼が来た時には夜中でも駆けつけなければならない。

 やれやれ、なかなか落ちつかない。また、書きますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxpoem

Author:fxpoem
 年寄りです。いわゆる団塊の世代です。
 投資は下手です。少しずつ減らしていくタイプです。
 いい歳をして60代半ばよりFXをぼちぼちやっています。
 FXは世界中の投資家を相手にする堅苦しいものだと思っていましたが、意外と「縁台将棋」みたいなものなんですよね。
 
 家計に相談しない投資はやりません。口座に数万円入れてもっぱら少額(千円とか百円とか)でやっています。

「投資」というより「ゲーム」のような感覚でやっています。

 チャートを見ながら、動きが瞬間止まるところがあって「節目」という大切な働きだと知りました。この「節目」をちょっと勉強してみようかと思っています。

 「FX爺ちゃん節目勝ち」と行きたいところですが、どうでしょうかね。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
276位
アクセスランキングを見る>>

リンク

FC2拍手ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。