記事一覧

まだできないこと

  まだできないでいることは山ほどあるのですが  (1) トレンドラインを引くこと  (2) フィボナッチ  (3) 一目均衡表 勉強の必要性は感じながらも、なかなか取っ付けないでいます。 歳のせいにはしたくないけど・・・(´・_・`) 「移動平均線とオシレーターが利用できる範囲」で、そんなに勝率は変わらないのではないかと思います。 「両建て」とOCOの組み合わせ手法にハマってしまったことありましたが ...

続きを読む

地政学より大きなリスク?

 先週は「地政学的リスクのある間は売り優先で行こう」と考えていたが、今朝になって目を覚ますと何と買い残してしまっていた。 金曜日の夜には、今週の権利落ちのことなんかまったく考えが及ばない状態で、  買い越したまま 「いつミサイルが飛んでくるかわからないのに何でドル円が上げるんだい」 と、ぶつぶつ言いながら、どういうわけかチャートにつられて「買い」でエントリーして そのままやり過ごしてしまった。 急...

続きを読む

分からないことばかりが増えていく

YoutubeのFX関連の動画などもしばしばみていますが「時間軸によって方向が違うところがある」といった表現を見かけ、驚いています。「小さな時間軸と大きな時間軸で方向が違っていたら大きな時間軸の方向で見るべきだ」ということなのですがちなみにエクセルで終値ベースで任意の移動平均線を作って時間軸を変えても、そのような部分は見あたりません。「解決したらブログに書きたい疑問点」が増えるばかりで、記事ができ...

続きを読む

OCO注文には「新規注文」4種類と「決済注文」2種類がある

OCO注文には「新規注文」4種類と「決済注文」2種類がある(備忘録)OCO新規・決済注文一度に二つの注文を出して、一方の注文が約定したら、もう一方の注文が取り消しになる。        1.OCO新規注文①現在のレートより 上がったら売る(売り指値) または 下がったら買う(買い指値)②現在のレートより 上がったら買う(買い逆指値) または 下がったら売る(売り逆指値)③現在のレートよ...

続きを読む

FXのチャートの「節目」に関する考察

1.FXチャート上の節目の種類と構造節目とは市場参加者が意識する、チャートの動きの速度の変化をともなう点です。節目の種類と節目としての構造① 過去の高値と安値:直近の高値・安値など② 上値抵抗線: 過去の高値に引かれた水平線③ 下値支持線: 過去の安値に引かれた水平線④ トレンドライン: 過去の複数の節目となる高値同士や安値同士に引かれたライン⑤ 移動平均線: レートの期間ごとの移動平均値をラインで結...

続きを読む

為替コミュニティ

プロフィール

fxpoem

Author:fxpoem
 年寄りです。いわゆる団塊の世代です。
 投資は下手です。少しずつ減らしていくタイプです。
 いい歳をして60代半ばよりFXをぼちぼちやっています。
 FXは世界中の投資家を相手にする堅苦しいものだと思っていましたが、意外と「縁台将棋」みたいなものなんですよね。
 
 家計に相談しない投資はやりません。口座に数万円入れてもっぱら少額(千円とか百円とか)でやっています。

「投資」というより「ゲーム」のような感覚でやっています。

 チャートを見ながら、動きが瞬間止まるところがあって「節目」という大切な働きだと知りました。この「節目」をちょっと勉強してみようかと思っています。

 「FX爺ちゃん節目勝ち」と行きたいところですが、どうでしょうかね。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
325位
アクセスランキングを見る>>

リンク

FC2拍手ランキング